作品を通して伝えたい言葉。マンガ家のコメント付きマンガ紹介記事まとめ No2

「同行」使用!! SNSシェア!!

漫画を描く人のイラスト(いらすとや)

マンガには著者の伝えたい想いが込められている。

その伝えたいことをストレートにわかりやすく表現・描写するマンガ家の先生もいれば、遠回しでわかりにくいかもしれないけど気づけばそっとそばにいるように、感じ伝わるように表現するマンガ家の先生もいる。

もちろん作品の意図が一回読んだだけでわかりやすいほうが評価されやすくていいのかもしれない。しかし自分は、読んでなんだかわからないけど心に残って気になってしまう。そして何度も作品を読み返して感じ考えて新たに発見があり、作品を深く理解できるとさらにおもしろさを感じる。

そんな好きなマンガを何度も読み返すレクシアは、あるきっかけで記事をマンガ家の先生にお知らせしてコメント付きマンガ紹介記事として更新する取り組みを行っています。

そこで今回は、マンガ家の先生方が作品に込めた想いを読者に伝えたい言葉として繋ぐコメント付きマンガ紹介記事のまとめです。


マンガ家の先生方が読者に伝えたい言葉を繋ぐ

前回のマンガ家のコメント付きマンガ紹介記事まとめはこちら。

マンガ家の先生から頂いたコメント付きマンガ紹介記事まとめ
2016年になってから、当サイトではマンガ紹介記事を投稿するだけでなく、マンガ家の先生方へ記事を書いたことをお知らせする...

マンガ家の先生方が読者に伝えたいことや記事へのコメントがあればその言葉を繋ぐきっかけとして当サイトを使っていただければ嬉しいと思い、マンガ家の先生方に Twitter でマンガ紹介記事を連絡すること、読者に向けてのツイートをリプライにて受け取って記事に掲載する取り組みを行っています。

Twitter を用いて以下の順序で連絡するようにしました。

  1. マンガ家の先生に記事のお知らせ
  2. 喜んで頂けた場合はコメント掲載の提案
  3. ツイート掲載許可を頂き、レクシア宛リプライを記事に掲載
  4. 最後に、コメント掲載完了のお知らせと確認通知

という順序で、マンガ家 Twitter コメント付きマンガ紹介記事を更新する取り組みを行っています。

このような取り組みの結果、前回のまとめ記事までで以下のマンガ家の先生方にコメント付きマンガ紹介記事にご協力いただいています。

鬼才・空海と最澄の生き様を描いた歴史マンガ「阿・吽」がおもしろい!(おかざき真里先生)

感情や想いが箏の音となる 伝えたい気持ちよとどけ!/ この音とまれ!(アミュー先生)

懲役339年/ 「生まれ変わっても一緒だ」なんて…言えるわけないよね。(伊勢ともか先生)

「それでも恋していいでしょ」を読んで、皆に隠した劣等感を克服して恋してみませんか?(楠田夏子先生)

本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

ここからは、それ以降にご協力いただいた最近のコメント付きマンガ紹介記事のまとめと簡単な作品紹介をしていきます。

マンガ家先生方が作品に込めた想いを知ることのできる、コメント付きマンガ紹介記事をぜひご覧になってみて下さい。

「青空ラバー」三浦糀先生

まるで「タッチ」のような青春卓球マンガかと思えば、キレイ系小悪魔マネージャーの登場によって虜になってしまう羨ましい青春を描いた作品。

主人公の太一は幼なじみの女の子やキレイ系でかわいいマネージャーといちゃいちゃしちゃって、そして双子の弟と卓球でカッコいいさわやか青春な日々を送っている。キィーーー!!!嫉妬に狂ってしまいそう!笑

中学生の頃の儚く繊細だけど色褪せない青春は、大人になっても生きる励みになるでしょう。羨ましいこの青春には勝てない。マネージャーにベタ惚れのレクシアです。

マンガボックスでの連載は終了し、完結第2巻は6月9日発売予定。
「三浦糀」先生のコメント付きマンガ紹介記事はこちら。

こんなマネージャーと青春したかった…卓球マンガ『青空ラバー』の青春には勝てない。
最近、マンガボックスでものすごく注目していた青春卓球マンガ「青空ラバー」の第1巻がやっと発売されました。 いやー、...

「兎が二匹」山うた先生

自殺を繰り返しては甦る不老不死のすずと、彼女と寄り添い生きることを望む青年サク。大切な人をなくしてしまう永遠の愛の物語。

死にたいときの心のイメージとそんな死のうとしていた自分を後悔する姿が繊細に描かれた、とても悲痛な心の闇と唯一の光である大切な人への想いにボロボロと涙を流さずには読めません。

大切な人をなくしてしまうことで孤独を感じて死ぬことを望み、また死のうとしたことをも後悔する。永遠と死と孤独の暗い描写はこの作品に必要不可欠なものであり、胸を切り刻むあたたかな記憶が死と生の意味を感じさせてくれるでしょう。

単行本第2巻が最近発売されて完結した、今一番読んでほしいマンガですね。
「山うた」先生のコメント付きマンガ紹介記事はこちら。

死ぬことを望み・後悔するときは『兎が二匹』のように大切なものをなくして孤独なとき
死にたいと思うことはそれなりの年齢を重ねていたら一度ぐらいはあるでしょう。 しかし、一か月以上日常的に「死にたい…...

「うわばみ彼女」後藤羽矢子先生

うわばみ彼女(大酒呑みの彼女)との同棲生活を描く、読んでるうちに呑んでいるキュートなのんべえ4コママンガ!!

お酒をとりまく雰囲気やシチュエーションを含めて愉しむことで誰と呑むかが大切だと感じるでしょう。うわばみ彼女についツッコミたくなってしまうでしょうし、彼女のツッコミには絶句してしまう。

うわばみ彼女のようにお酒を幸せそうに呑んでいる姿は、見ていて気持ちがよくて幸せですね。お酒があまり呑めないナツくんもうわばみ彼女のおかげで幸せそう。こんな彼女がほしいレクシアです。

「後藤羽矢子」先生のコメント付きマンガ紹介記事はこちら。

『うわばみ彼女』といっしょに呑むお酒はおいしくて幸せ
家でマンガを読みながらお酒を呑むことが多いレクシアです。 お酒をテーマにしたマンガを読むと呑みたくなりませんか? ...

「いっぽん!!」作:増田晶文 画:松本救助先生

求めるものは『本格』!本格の日本酒に酔いしれたい人に読んでほしい、実在する蔵と酒が登場する本格日本酒コミック。

造る方よりもどちらかというと呑む方の日本酒マンガはそうそうないでしょう。日本酒を本格的に楽しむだけの日本酒紹介マンガではなく、日本酒に対するロマンと想いがたくさん詰まった作品です。

日本酒愛にあふれる原作者の増田晶文先生の酒蔵を取材して考えた物語を、わかりやすく日本酒のうまさを感じる紗々の表情や蔵元の想いがストレートに伝わる絵を描く松本救助先生のマンガがすごく見どころ。

日本酒が大好きなレクシアは「待ってました!」とばかりに作中の日本酒を注文しました。笑

原作者「増田晶文」先生とマンガ家「松本救助」先生のコメント付きマンガ紹介記事はこちら。

さあ、マンガ『いっぽん!!』の紗々としあわせの日本酒を求める旅に出かけましょう!
皆さんはどんなお酒が好きですか? ビールやワイン、ウイスキーやブランデーやカクテル、焼酎など数多くのお酒があります...

御礼の言葉をいただいたマンガ家の先生方

御礼の言葉をいただいたマンガ家の先生方は他にもいらっしゃいます。

テンプリズム」を描いているマンガ家・曽田正人先生、「奈落の羊」を描いているマンガ家・きづきあきら先生と原作者・サトウナンキ先生です。

こちらこそ本当にありがとうございました。

大好きなマンガ家の先生にお返事してもらえるだけで、記事を読んでくれて本当に嬉しいです。 レクシアは必ず先生方のマンガを買います!!もちろん他の先生方も。

これからも応援していますので、おもしろいマンガを読者に届けてください!!

あとがき。

マンガ家の先生方は作品にいろんな想いを込められていることを知ることができるはず。

このなかでも特に「兎が二匹」の山うた先生の言葉には、マンガを読むだけではわかりにくいかもしれないけど気づけばそっとそばにいるように、感じ伝わるようにマンガを描いていることがコメントからわかります。

だからこそ、ボロボロ泣いてしまう作品になっているのでしょう。新人が描いたとは思えない、すずとサクのふたりの愛はいつまでもつづく素敵なマンガです。

最後に、当サイトはこのようにマンガ家の先生方のご協力のもとで運営しています。

まるで冨樫義博先生のマンガ「HUNTERxHUNTER」に登場する若かりしネテロ会長のように、感謝の正拳突きのつもりで感謝のマンガ紹介記事を書くレクシア。

お返事をもらえないことはもちろんたくさんありますが、マンガ家の先生はマンガを描くので忙しいのです。そんなときは読者のために頑張ってマンガを描いているんだと思っています。

お返事してくれただけで感謝どころかもう幸せいっぱいです。

この記事をご覧になったマンガ家の先生方で、それぞれの記事に問題がある場合はレクシアTwitterアカウント(@hyper_lexia )もしくはお問い合わせフォームにて御連絡下さい。

マンガ家のコメント付きマンガ紹介記事にご協力してくれる場合はTwitterで連絡してもらえれば、レクシアはめちゃくちゃ喜んで対応させていただきます。

マンガ家と読者を繋げるマンガ紹介サイトを目指して頑張りますので、マンガ紹介サイト『HyperLexia(マンガ)』をこれからもよろしくお願いします。

The following two tabs change content below.
レクシア
レクシア
このサイト【 HyperLexia(マンガ)】を運営するマンガ愛読家。マンガに救われた恩を返すべく、好きなマンガを好きと発信しています。マンガが面白いのは、読んだ人のこころと共鳴しているからだ。