おもしろいWEBマンガ備忘録10選!マンガ新聞では感想コメントもまとめて見れるよー【2016年1~3月】

「同行」使用!! SNSシェア!!

最近のWEBマンガはおもしろい作品がけっこうありますよね。

紙のコミックにはないWEBマンガのいいところは、スマホの普及による縦スクロールの独特なマンガ表現が可能になっていることが挙げられます。

どうしても紙のような書籍にはまねできないことや短くてスラスラ読めるところがとてもいいのですが、再び読み返すことがしにくいのですよね。

しかも、ソーシャルメディア(SNS)でものすごく話題になったとしても、流れ星のような一瞬の輝きとしてすぐに忘れ去られてしまうことがよくあります。というか、たまたま気づかないこともよくありますよね。

そこで今回は、レクシア自身のための備忘録的なWEBマンガまとめ記事を書こうかなーと。なおかつ、マンガ情報アプリ「マンガ新聞」だとみんなの感想コメントもまとめて見れるからいいですよーという記事です。


みんなの感想コメントが見れるWEBマンガ

そう、「マンガ新聞」だとみんなの感想コメントがまとめて見れます。

みんなの感想コメントがまとめて見られることのなにがいいがというと、ほかの人はどう感じたのか反応を知ることができるのです。

特にソーシャルメディアで話題になるときは、場合によっては賛否両論あって炎上している場合もあります。はてなブックマークのコメントとかそうですよね。

しかしはてブコメントの場合だと、まあー誹謗中傷コメントもけっこう多くて見るとうんざりすることもあります。しかし、マンガ新聞は実名ベースのアプリということやみんなマンガが大好きということもあってコメントが荒れにくい。

また、コメントしているユーザーはたくさんのマンガを今まで読んでいる人が多いということでコメントに対する信頼感もありますね。

よって、自分の感じた感想とマンガに詳しい人の感想を見比べてみたり、コメントからマンガ好き同士のコミュニティをつくるのにすごくいいんですよ。

そこで「マンガ新聞」で話題になったおもしろいWEBマンガの記事を2016年1~3月の期間内で10作品選ぶこと、レクシアの記事コメントも掲載(Twitterと連携してコメントしている)することにします。

ほかのマンガ好きな人のコメントが見たい場合はレクシアのTwitterコメントリンクから「マンガ新聞」にユーザー登録してくださいね。笑

ショート漫画「女、男ってやつは」/ 吉谷幸平

最後の展開にホロリ…男女の一生を描いた『男ってやつは 女ってやつは』|grape

幼馴染の男女が大人になり、やがて結ばれる。とあるカップルの一生を描いたマンガに、多くの人が涙する「男性視点の女性」と「女性視点の男性」の作品です。レクシアが偶然見つけてマンガ新聞にPickしています。

左利きのエレン/ かっぴー

オレは、オレの事ばっかりだ」左ききのエレン|第1話 |cakes

かっぴー先生のマンガはほかの作品もマンガ新聞内で話題になっているのですが、初の長編マンガとして連載中のこの作品を。いやー、シリアスで心に突き刺さるようなマンガで、これからの更新がとても楽しみです。

バイト先の店長が「ごちそうさま」を通して僕に教えてくれた大切なこと/ 吉本ユータヌキ

【マンガ】バイト先の店長が「ごちそうさま」を通して僕に教えてくれた大切なこと|リクナビ NEXT JOURNAL 

マンガ新聞編集部が投稿した、リクルートの記事です。リクルートの大切なことは全部マンガが教えてくれたシリーズの記事は好きなんですよね。(2016年3月24日にマンガ新聞に投稿されています)

良い祖母と孫の話/ 加藤片

良い祖母と孫の話|電脳MAVO

全4話ある最後まで読んでほしい苦しき作品。第1話だけ読むとものすごく重くて心苦しいですが、最後まで読むとなんだか救われる気がして泣いてしまいます。ネットでめちゃくちゃ話題になり、堀江さんもコメントしてますよ。

実話マンガ『私が大好きなアニメを見れなくなった理由』/ micorun

もし好きな作品を批判されたら… 実話マンガ『私が大好きなアニメを見れなくなった理由』に大きな反響|BIGLOBEニュース

共感や批判などの賛否両論でかなりTwitterで話題になりました。まあ、いろんな意味で炎上が長引きましたね。

DAMAISM/ 坂本くん

DAMAISM|少年ジャンプルーキー

マンガ新聞ユーザー内ではものすごく話題になったけん玉マンガ。少年ジャンプルーキーにすごい新人が現れた!(2016年2月26日にマンガ新聞に投稿されています)

失格人間ハイジ/ 野中かをる

失格人間ハイジ|comico

マンガアプリ「comico」は今まで使っていなかったのですが、マンガ新聞でこの作品に出会ってアプリダウンロード後一気に全話読みするぐらいハマっています。

キッカケはプラネタリウム/ ハシモトスズ

キッカケはプラネタリウム|SUZUNOHEYA

ハシモトスズ先生からTwitterでお礼の言葉を頂くという幸せなこともありました。

うつくしい子ども/ 春田りょう

春田りょう『うつくしい子ども (第68回ちばてつや賞入選)』 |モアイ

第68回ちばてつや賞に入選した作品。酷い言葉をぶつけられても幼い弟が死んでしまっても、未来を摑むため、愛は切実に努力を続けていく。

とある通販オペレーターの焦燥/ Morizo-

とある通販オペレーターの焦燥|マンガにしてみた。

通販オペレーターが受けた注文電話の相手は、住所も言えない5歳児だった…。 そんな冒頭から始まるエッセイ漫画に「愚痴エッセイかな?」と読み進めてみると…。(2016年1月20日頃にマンガ新聞で話題になっています)

あとがき。

マンガ新聞だとみんなのコメントがまとめて見れるからとてもいいんですよね。

コメントが参考になることもはよくありますし、マンガに詳しい人がすすめているから読んでみようかなーという気になることもしょっちゅうです。

実名ベースのマンガ情報アプリだからコメントに誹謗中傷も少なくて安心。だから、レクシアのようにハンドルネームでユーザーランキング上位な人は少ないんですよね。なんか嬉しい。

しかし、自分の記事コメント数が多くて見返すの大変だった。完全にヘビーユーザーですわー

そんな流れ星の一瞬の輝きを放つWEBマンガもおもしろくてとてもいいものだから、いつまでも眺めていたいと写真を撮るように備忘録として記事を書いたレクシアでした。

「マンガ新聞」関連記事

先月リリースされたばかりのマンガ情報特化型キュレーションアプリ「マンガ新聞」にレクシアはめちゃくちゃハマっています。 ...
レクシアが敬愛するマンガ家・おかざき真理先生がこのようなツイートをしていました。 要約すると、マンガが連載...

WEBマンガ備忘録記事

ネットで気軽にマンガを発表できるようになったおかげで最近はエッセイマンガが盛り上がっていますね。ネットで公開されたマンガ...
The following two tabs change content below.
レクシア
レクシア
このサイト【 HyperLexia(マンガ)】を運営するマンガ愛読家。マンガに救われた恩を返すべく、好きなマンガを好きと発信しています。マンガが面白いのは、読んだ人のこころと共鳴しているからだ。